【ピオリナの成分】この成分が赤ら顔ケアをサポートしてくれます!

【ピオリナの成分】この成分が赤ら顔ケアをサポートしてくれます! ピオリナの使い方・成分・他商品との比較

ピオリナは赤みケアをしてくれる化粧水です。

そのピオリナのどの成分が、赤みケアにつながっているのでしょうか?

また、その成分の安全性はどうなのでしょうか?

 

ピオリナの赤ら顔ケアに有用な成分

ピオリナの赤ら顔ケアに有用な成分

赤ら顔ケアの大切な要素として、

・お肌への刺激を抑える

・しっかり保湿する

・毛細血管を強くする

・炎症をケアする

といったことがポイントになってきます。

これらのポイントに対して、ピオリナはそれぞれ当てはまる成分があります。

お肌への刺激を抑える

・セラミド

・ヒアルロン酸

セラミドやヒアルロン酸は保湿成分をたっぷりと含んでいます。

お肌の水分を補うことで刺激からお肌を守ってくれます。

しっかり保湿する

・セラミド

・ヒアルロン酸

潤いはお肌を整えるだけでなく、お肌のバリア機能を整えてくれる役割もあります。

セラミドもヒアルロン酸も、バリア機能ケアにも一役買ってくれます。

毛細血管を強くする

・次世代型ビタミンC誘導体

ビタミンCが不足すると、血管がもろくなります。

そのため、しっかりビタミンCも補っておく必要があります。

炎症をケアする

・オタネニンジン根エキス

・アラントイン

・グリチルリチン酸2K

オタネニンジン根エキスは、主にお肌のターンオーバー(生まれ変わりのサイクル)を整えてくれます。

保湿のサポートもしてくれますよ。

 

アラントインは、肌荒れやニキビの赤みケアに役立ちます。

お肌のバリア機能修復のサポートもしてくれます。

 

グリチルリチン酸2Kは、炎症ケアをしてくれます。

低刺激でお肌に優しいのも嬉しいポイントです。

ピオリナの全成分

水、グリセリン、BG、ココイルグルタミン酸TEA、ジグリセリン、コカミドD、EA、コカミドプロピルベタイン、メチルグルセス-10、ペンチレングリコール、デシルグルコシド、ジヒドロキシプロピルアルギニンHCl、セラミドNG、ビスグリセリルアスコルビン酸、ユキノシタエキス、シャクヤク根エキス、チャ葉エキス、トコフェロール、ビオチンコレステロール(羊毛)、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、ミリストイルメチルアラニンNa、クエン酸、クエン酸Na、エチドロン酸、安息香酸Na、フェノキシエタノール、酸化Mg

 

【ピオリナ】メイン成分に副作用はない?

セラミド:問題なし

ヒアルロン酸:問題なし

オタネニンジン根エキス:問題なし

アラントイン:問題なし

グリチルリチン酸2K:問題なし

※参考:化粧品成分オンライン
https://cosmetic-ingredients.org/

どの成分も、副作用や危険性については確認されていません。

さらに、長年様々な化粧品などに使用されていることから、安全性には問題がないと考えられます。

 

!ATTENTION!

体感の仕方には個人差があります。

万一ピオリナを使用して違和感を感じた場合は、使用を中止しましょう。

お肌に合わない場合は返金保証も受けられます。

まとめ:ピオリナの成分は効果的&副作用なし!

まとめ:ピオリナの成分は効果的&副作用なし!

ピオリナに配合されている有用成分は、どれも様々な化粧品で使われており、実績のある成分です。

副作用や危険性についても問題ないので、心配する必要はありません。

まずは一度使ってみて、自分に合うかどうかを確かめてるのが良いですね。

返金保証もあるので、お試し感覚で使えますよ!

>>【30日間返金保証あり】ピオリナを使ってみる

最大72%OFFで買うこともできちゃいます!

 

なお、当サイトではこのほかにもピオリナに関する情報を多数掲載しています。

是非、併せてご覧ください。

>>ピオリナの口コミ・評判・最安値情報などをチェックする

コメント